You can make your own happiness!

旅と美味しいものが大好き。

香りが好き

香りが好きです。

 

精油や香油も大好きだけれど

なんといっても、香水にときめきます。

 

香水は、人為的なところがいい。

人によって意図的に描き出された

風景・心象・想い・時間・世界観・エネルギーを

一つのボトルに閉じ込めて

取り出した瞬間から

時間とともに風化していくのを楽しむ

芸術品。

 

使う人によって

印象がまるで変わってしまうところも

好ましい。

 

直感的に感じて

そのあとに

味わいながらその世界に浸る。

香りを表現する時には

記憶の奥底に眠っているような言葉を

引っ張り出してきて

不思議と誰もが

にわか詩人になってしまうところも

面白く感じます。

ソムリエが

詩的な表現でワインの香りや味を表現するのに

似ているのではないか、と思ったりもします。

 

擬態するように

皮膚の上に一枚纏う。

 

今日はどんな私になる?

私はどう在りたいだろうか

どんな世界に生きていたいのだろうか

あの人にどんな印象を与えたいだろうか

どのように空間を楽しもうか

 

そんなことを妄想しているうちに

朝の時間が過ぎていくのも

また豊かな悩みです。

 

f:id:Julias:20171021003030j:image

先日購入したラルチザンパフュームの香水。

ラベルの数字は

香りが完成するまでに調香した回数だそう。

作品が生み出される過程を覗き見るようで

とっても粋な演出。

広告を非表示にする

継続は力なり

ものごとを継続すること

 

得意ですか?

苦手ですか?

 

筆者は、継続することがとても苦手です。

 

やってみよう!という、

スタートダッシュのところは

割と得意なのですが、

毎日コツコツ、というのがとっても苦手。

三日坊主で消えていったもの

鎮火した情熱の残りカス

みたいなものが、いろいろあります。

 

例えば、ブログも、わたしは、毎日書いていません。

毎日トライしてみようと思って買ったけど

あんまり使ってないレシピ本

使っていない英会話教本

消滅していったアイディア

などなど

たくさんあります。

 

そんなわたしですが

最近よく思うのは

「継続は力」

ということです。

 

成功する方

成果を出してくる方

というのは、

まず、大前提として、

行動を起こし、

継続しながら

その中で、

トライアンドエラーを繰り返しているのだなあ

ということが、

すこしずつですが

腑に落ちてきたからなのです。

 

わたしは、ずっと勘違いしていて

継続している人は

それが、苦ではない/楽しい、ので

続けることができているものだと

思っていました。

あるいは、

継続するための

非常に高いモチベーションが維持できる人なのだと。

 

そして、

「やっぱり、続けられる人っていうのは

 わたしとなにか違うんだよ」

とひねくれていたんです。

 

いやーいい年こいてお恥ずかしい。

 

でも、必ずしもみんながそうじゃなかった。

 

継続している人たち

例えば、ブログを毎日続けている方々

なんかに聞いてみると

 

楽しいから、自然と続けられる!

というひともいました。

 

一方で

そりゃ嫌になる日もある

面倒臭くて早く寝たい日も

書くことがなくて悶々とする日も

やることが多くてそれどころじゃない!と思う日もある

そんなひとも、少なからず、いました。

 

でも、やると決めたから、やる。

 

◯◯という目標があるから、続ける、という人も

特になにか、続けた先の目標があるわけではないけれど

一度始めたので

継続する

という人もいました。

 

はじめの精度が高くなくとも

スタートラインが

周りよりも随分遅れているような気がしたとしても

継続するうちに

自分の中に

積み重なるものがある

 

その重なった先に

初めて見えてくる世界があるんだなあ、と

思う今日この頃です。

 

頭の中で

どれだけ壮大なことを考えていたとしても

行動に起こさないと、ないと同じ。

 

行動に起こしても、すぐに諦めてしまったら

湿気った薪に、火をつけたのと同じ。

結局、燃え上がりもしない

暖かくもならない。

 

しっかりと燃やすためには

薪を乾かしたり

火のつけ方を工夫したり

火種を作ったり

とにかく、アクションを続けていく必要があるんだなあ

と感じています。

 

自分のペースで、

進み続けよう!

 

f:id:Julias:20170805000558j:plain

 

広告を非表示にする

自然食品好きも、ナチュラルコスメ好きも、ローフーディストも、スーパー好きも、みんな集まれ!アイランドナチュラルズ!ハワイ島のお土産も一気に揃うよ!

タイトルを短くする努力を放棄した筆者です。

私はスーパーが好きです。

というか、タイトルにあげたものは全部好きです(ローフードだけ、△)。

 

なので、すかさず聞いてみました

「ハワイ島には自然派のスーパーはありますか?」

 

そこで、教えていただいたのが

Island Naturals Market and Deli in Hawaii

 

ワイ島でやっている自然派スーパーです!

ここは、コナ、ヒロ、パホアの3ヶ所にお店があるみたいです。

筆者は先日の記事の通り

コナに滞在していたので、

コナ店に遊びに行ってきました♪

(ちなみに、後から考えれば、

 ハワイ島は島ぐるみで

 意識が高い人が非常に多いので、

 そういったスーパーがあるのは当然だよね、

    と思い至ったのでした)

 

 

レンタサイクルで、

迷いつつ、

親切なサイクリストに道を教えてもらいつつ

(汗だくで)たどり着きました!

 

じゃーん!

f:id:Julias:20170731232258j:plain

やっと…会えたね…的心境。

 

ちなみに、

歩くのが嫌でなければ、

歩いてでも、いけると思います。

(方向音痴でなければ)20分くらいじゃないかなあ?

大きめのバッグを持っていくと楽しいかなって思います。

 

 

f:id:Julias:20170731232405j:plain

ずらら〜っ。

豆・スパイス・ドライフルーツ・粉類など、

必要なものを必要なだけ、買うことができます。

 

 

f:id:Julias:20170731232417j:plain

これ全部ピーナッツバター!

ひとつの食材だけをとっても、

 FAIR TRADE, ORGANIC, SUGER FREE, GLUTEN FREE, NON GMO etc…

こだわった商品ばかりが並んでいて

見るのもチョイスするのも楽しい!

ついでに、パッケージやラベルもスタイリッシュなものが多い。

 

 

f:id:Julias:20170731232427j:plain

こちらは紅茶の棚。

紅茶、チャイ、ハーブティー、諸々ものすごく種類が豊富でした。 

見たことないハーブもたくさん!

 

と、この辺の写真が入ってすぐのところです。

この後は興奮しながら真剣に商品の吟味に入ったので

あんまり写真なし…

 

f:id:Julias:20170731232320j:plain

 ごめんちゃい…

 

 

サプリメントプロテイン、スーパーフード

グルテンフリーのおやつ

様々なオイル(非加熱のものだったり、精製していないものだったり)

スパイス

ナチュラルコスメ

お家で使える医薬品

アロマグッズ

ワイ島で作られたもの(食材・コスメほかいろいろ)

などなど、

それほど大きくはないお店ですが

ぎゅっと濃縮されていて、楽しいです!

 

 

ちなみに、デリコーナーもあって

冷たいもの、温かいもの

並んでいるものの中から

欲しいものを欲しいだけ、取れます!

アルコールも売ってます〜

 

私はロースイーツを買って食べましたが、

うまうまでした!

 

f:id:Julias:20170731232308j:plain

お店の入り口と

店内にも、ちょっとしたイートインスペースがあるので

ここで買ったものを食べてもよし、

ホテルやコンドで食べてもいいと思います。 

 

 

わたしは、とくに、

LOCAL(ハワイ島で作られたグッズ)のアイテムたちをお勧めします!

ご家族でやってる小さい農家とかのアイテムが多くて

応援の気持ちで買っていこうかな〜、なんて思っていたんですが

いやいや、ものすっごくクオリティの高い品々でした。

 

f:id:Julias:20170801000834j:image

めちゃくちゃ美味しいマカダミアナッツ

生で食べても美味しい!

軽やかで、それでいてとてもリッチな味わいです。

ここの農園にはお邪魔させていただいたので

もしかしたら記事を書くかも。

 

f:id:Julias:20170801000841j:image

ラベルも素敵なはちみつ。

ハワイでは、非加熱の蜂蜜が手に入れやすいのがとても嬉しく、

たいてい大量購入。

確かここは、マカダミアナッツの木から集めた花粉の蜂蜜だったと思います。

くせがなく、まろやか。

 

f:id:Julias:20170801000848j:image

今までうん十年生きてきて、

いろんなバラの香りを嗅ぎましたが

このローズウォーターの香りがわたしは

No.1です!

帰国してから使ってみてびっくりした。

生花のオールドローズみたいな、

ものすごくふくよかな香り。

 

 

ほかにも、ハワイでしか取れない植物で作ったエッセンシャルオイルとか

おもしろハーブティーとか

いろいろありまして

いつまでたってもレジに到達しないのでした。

しつこいですが、大きめのバッグでいきましょう(笑)

ハワイ島 キングカメハメハホテルについて

ワイ島初上陸に際して

チョイスしたホテルは

マリオット系列の

コートヤード・キング・カメハメハ・コナ・ビーチ・ホテル

です。

(名前長いよね…息切れするわ。以下キンカメで)

 

 

先に結論をまとめます!

 

キンカメのいいところ

立地が最高。コナのど真ん中にあるので、ここへの滞在であればレンタカー不要説。

(立地がいいというのは、地元の人も言っていたから間違いないです)

ビーチが目の前

 今は法律が改正されて、ビーチからホテルまでの法定距離が伸びたんだそう。

 壊してリニューアルすると、今の法律に沿わないといけないので

 この距離を守るために、改修しながら大切に使っているそうです。

レンタサイクルの乗り場が目の前

ロビー階にABCストア、コーヒーショップあり

wi-fiは無料で利用可。回線は安定していて早かったです

バスタブあり

シャワーヘッドが取り外せるタイプのシャワー

水圧が比較的安定

 

 

キンカメ、ここは好みの問題だね、というところ

・「ヒストリカル」なかんじ

(割と古くてこじんまりした印象、展示物などもあり)

・ザ・スイートルーム!っていう、ラグジュアリーな部屋はない

・バスローブなし

 

 

キンカメ、私が残念に感じたところ

(マリオット・SPG・リッツ上級会員要確認)

・エリートメンバー特典が一部しか使えない

具体的には…

客室のアップグレード:あり

レイトチェックアウト:あり

市内電話無料:あり

エグゼクティブフロア:なし

エグゼクティブラウンジ:なし

朝食無料特典:なし

 

 

ですね。

個人的には

 

個人・一人旅で、レンタカーは借りないつもりだけど自由に動き回るのが好き

食事時の選択肢がたくさん欲しい

ツアーなどにたくさん行くので基本寝るだけ、でもきちんとしたホテルがいい

というひとには◎

 

ラグジュアリー感を大切にするひと

ネムーナーなど、基本はホテルの敷地から出ずに過ごしたいひと

にはあんまり向かないかな?

 

という印象です。

私は

こじんまりしたビーチと芝生の生えてるビーチサイドが気に入ったし、

動きやすくてとても便利だったので、

また泊まろうかなと思っています。

 

 

ちなみに、今回泊まったお部屋はこんな感じ。

 

 

パーシャルオーシャンビューの

クイーンサイズベッドがふたつ。

このベッドは大変寝心地がよかった。

暇さえあればごろごろしちゃうよ〜

写真からは駐車場ビューですが、

窓の左手に綺麗な庭と海がみえてました。

ベランダでぼーっとするのもオツ。

f:id:Julias:20170730004120j:plain

 

 

昔からあるホテルで

バスタブがあって

かつ水圧が安定していて

しかもシャワーが手で持ちながら使えるタイプって

大変ポイント高いです。

日本人は、すごく使いやすいと思う。

f:id:Julias:20170730004102j:plain

ハワイアン航空「エクストラ・コンフォート」とはなんぞや?

移動は快適な方が好きです。

 

ということで席を探しますが

ビジネスクラス満席!!

搭乗当日ダメもとで聞いてみるも満席!!

ということで、

代わりに教えてもらいました

「エクストラ・コンフォート」なるお席。

 

こんな感じです。

 

f:id:Julias:20170728225457j:image 

 

特徴をまとめると

・足元のスペースが広い(足が伸ばせる)

フットレストはなし

・椅子自体は多分エコノミーと一緒

・コンセントあり

・機内用アメニティポーチあり

・食事はエコノミーと同じ

・優先搭乗あり

・機内預け入れ荷物へのプライオリティタグなし

ですね。

 

 

料金は、片道125USドルor15000円です。

事前予約、または

空席があれば、当日申し出でも大丈夫でした。

 

 

足が伸ばせるだけで、

かなり快適に過ごせましたので

検討の価値は十分あるかと。

 

 

あまり長い飛行時間じゃないのでビジネスはちょっと…

という人にもオススメです。

ホノルル空港からハワイ国内線への乗り継ぎ?大丈夫、簡単です。でも時間にゆとりは持って。

マウイ島やハワイ島、カウアイ島など

オアフ島から乗り継ぎをする方も、いらっしゃいますよね。

 

 

今回は

ダニエル・K・イノウエ空港(ホノルル国際空港)から

ハワイ国内線への乗り継ぎについて、書いておきます。

(余談ですが、ダニエル・イノウエさん、非常に格好いい生き様の方です!

 私は空港が改名されるにあたり初めて存じ上げた次第ですが

 ハワイ・アメリカ本土、いずれでも賞賛される理由がわかる気がしました)

 

 

入国審査、機内預け荷物の受け取り、税関検査までは

人波に流されていけば、ほぼ間違うことはないかと思います。

そのあと、荷物をゴロゴロ転がしながら出て行くと

こういう表示があります。

 

f:id:Julias:20170727205316j:plain

 

個人だろうが、ここで左(1と書いてあるEXIT)に曲がります。

少し歩くと右手にこのようなコーナーがありますので…

 

f:id:Julias:20170727205345j:plain

 

このカウンターにいる係りの方に、荷物を預けましょう。

スーツケースについているタグを確認してから、

OK、とか言ってくれると思います。

なお、日本出国の際に、乗り継ぎ便の航空券をもらっていない場合、

ここでスーツケースを受け取ってもらえない可能性があります。

その場合も、焦らずに、荷物を転がしてもう少し歩きましょう。

 

 

荷物を預けて身軽になったところで、ターミナルから出ます。

ゲートから出て右手に、

このような表示がありますので、

左側の矢印(Interisland Terminalと書いてある側)に曲がって

道なりに歩きます。

 

f:id:Julias:20170727205358j:plain

 

少し歩くと建物がありますので、

エスカレーター、エレベーターで

二階へ上がります。

 

 

見渡す限りハワイアン航空の独壇場となっておりますので、

先ほど荷物を預かってもらえなかった方

先ほどのカウンターをスルーしてここまで来ちゃった方

は、こちらのカウンターに並んで

搭乗券、機内荷物の預け入れを行います。

(チェックイン用の機械もあるのですが

 うまく手続きが完了しない場合があるみたいなので

 こちらについては省略しますね。

 興味があれば、トライしてみてください)

 

f:id:Julias:20170727205415j:plain

 

無事、機内用の荷物を預け、搭乗券も用意できたら、

セキュリティチェックを受けます。

こんな感じでなかなか並んでいるので

時間にゆとりは持ちましょう。

 

f:id:Julias:20170727205430j:plain

 

セキュリティチェックが終わってしまえば、一安心です。

自分の乗る便が遅れたりしていないか、

表示をチェックしながら、

搭乗開始時間までのんびり過ごしてくださいませ♪

 

ハワイ島、行く前に知っておくと便利なこと

ワイ島に初上陸してまいりました♪

とっても楽しい旅でしたので、

ちょこちょこブログでもご紹介したいなと思います。

 

f:id:Julias:20170727005306j:plain

 

で、

筆者が、オアフ島(ホノルル)やマウイ島

同じノリでハワイ島に行って、

びっくりしたことがありますので、

まずはそちらから。

 

 

ワイ島には両替所がない

空港にも、街にも、両替所がありません!!

米ドルの現金がない場合、

クレジットカードで現金化するか

すべての支払いをクレジットカードですませるか

になります。

(ホテルによっては、フロントで両替してくれるかも?)

アメリカはクレジットカード社会なので

少額の買い物や食事でも、

クレジットカードは使えますが

フリーマーケットでは現金のみのお店も多かったです。

支払いは現金派の方、

海外ではなるべくクレジットカード使いたくない方は

日本国内、あるいは

乗り継ぎのホノルル空港で両替を済ませておきましょう。

 

 

ワイ島には公共交通機関が(ほぼ)ない

公共交通機関って

バスとか電車です。

オアフ島では「The BUS」が有名ですね。

観光客も使いやすくかなり安全。

ワイ島にも「Hele on Bus」というバスがあるのですが

Hawai'i Island Hele-On Bus — Hele-On - A Service of the County of Hawai'i Mass Transit Agency

時刻表が見にくい(ブラウザの第一言語を英語にした場合のみ閲覧可能)

実際に走っている時間が不定期

バスの塗装が車体によって違うため一見して判別が難しいことがある

バス停の表記がない場所が多い

日曜日は運休

などのデメリットのため

慣れていない観光客が、

このバスをあてにして動くのは難しいかと思います。

乗れれば、2ドルで島を縦断しますので、ラッキー♪

くらいの気持ちでいると良いかも。

 

 

公共交通機関の代替サービスは?

タクシー

タクシーはあります。白タクはあんまりいないそう。

ただし、流しのタクシーは基本、いません。

空港などでは、タクシー乗り場に待っている車に乗るか、

お店やホテルの方に頼んで呼んでもらう感じです。

 

Uber

Uberが使えます!

2017年の3月からハワイ島でサービス開始したとのこと!

ただ、7月時点で、コナとヒロのみに車がいる感じ。

このエリアから離れると、捕まえるのは難しいかもしれません。

深夜・早朝も走っていないそうです(ドライバーさんに聞きました)。

なお、ハワイ島では日曜日お休みのサービス・お店が多いですが

Uberは日曜日でも走っていました。

 

Honu Express

コナとケアウホウを往復するトロリーバス

片道2ドルで、結構人気みたいです。

ホテルやビーチ、ショッピングセンターを

めぐってくれるので、便利そう。

時刻表はこれ(Honu Express Shuttle Schedule)。

ホテルのフロントでも、もらえると思います。

乗り方ですが、

わかりやすくまとめてくださっているサイト

(ハワイ島でツアーを主催されている会社のまとめです)

を見つけたので

リンクしておきます。

乗ってみたいけど、どこから乗るの?大丈夫かな?っていう方は

ぜひ、見てみてくださいませ。

その1

その2

 

honu expressの車窓から

f:id:Julias:20170727004815j:plain