読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

You can make your own happiness!

旅と美味しいものが大好き。

違和感の原因

こんにちは。

 

ここのところ、周りの人から

家族関係のテーマ(葛藤とか、別離とかね)

について聞くことが多く、

一体なんのサインだろう?と思っていました。

 

母に会う機会があったときに、

その答えがわかった。

なにか違和感があって、

なんだろうと思うと、

あ、そうだ、

わたしは、今、本音で話していない。

そのことに、違和感を感じている、

と気づいた。

先日もちょっと書いたんだけれど、

わたしは自分の心を開示するのが苦手。

両親に対しても、

混じり気なしの本音では話していなかった。

 

家族関係がどうこうではなくて、

本音で、

上手い下手ではなく思うままを

開示しろよ、と、突きつけられたみたい。

 

じゃあ、と振り返ってみる。

一体なんでわたしは、「本音で話す」に

こんなに苦手意識があるんだろう?

 

そうすると、

わたしの認識では

本音で話す=争いになる

という思い込み

があるようだということがわかった。

 

まじかw

そりゃあ、話せないよね。

 

でも。

今後どうなっていきたいのか?というと、

わたしは、自分の風通しを良くしたい。

ちょっとずつでも、

スマートでなくても

(これも、わたしにとっては結構苦痛)

もっともっと、風通し良く、

軽やかな自分でありたいと思う。

 

偽り、までいかなくても、

今まで「配慮」の部分に

使っていたエネルギーが

別の部分に使えれば、

もっとスムーズになるだろうし、

なにより、ありのままでも、

自分を受け入れることができれば、

それってすごく、楽だよね。

 

だから、トライアンドエラーで、繰り返していく。

やれよwっていう自分と、

でもでも〜っていう自分と

どっちも一緒に。

広告を非表示にする